Hな写真館

新津市近郊と、旅行先の写真集です。とても見れたものではありませんが、よろしかったら見ていってください。クリックすると大きくなります。

2006/03/26

水芭蕉公園と慈光寺

今日は天気も悪くなかったので、ちょっと気になっていた水芭蕉公園に向かいました。

毎年のように行って居るんですけど、毎年ちょっと遅めに行って居るから、本当に楽しんではいなかったんだろうな。例年は大体ゴールデンウィーク前くらいだったよな。 水芭蕉も成長し過ぎず、ちょうどイイ感じ。でも、人が多いんだよね。
で、もうちょっと先に歩を進めるとこんな感じ。ちょっと写真だとわかりにくいけど、水芭蕉がまるで絨毯のように咲いています。遠くからくるのはちょっと大変だからオススメしないけど、個人的には見てみてもそんはしないと思うな。 こんな感じでいっぱい咲いています。
近くの竹林に光が差し込んでいてキレイでした。 んな感じで見終わったんですけどね。ちょっとそのまま帰るのもさみしかったので…
毎年恒例の慈光寺行きでした。しっかし、いつ見ても立派な杉並木だなあ。 んで、慈光寺の門をくぐると…
毎年この時期の恒例の風景。でも、いつもよりも雪が少ないな。と思ったんだけどね。如何なのかも解らんです。 これは売店脇の多分不動明王を祭っています。脇に書いてある文言から行くとそうだと思うんだけどな。んで、その向かいはこのポスター。まあ、廃仏毀釈の際に残ったお寺さまにはあることなんですけどね。
ご本尊を背にして撮っています。そうそう。今回慈光寺の事を調べていたら、周辺農家は亀田製菓のお菓子の原材料であるお米の生産農家になっているようです。アソコの風景を思い出しながら、亀田製菓のお菓子を食べるのもいいかもね!ちょっとした新潟の原風景と言う感じです。 禅道場側を撮ってみました。歴史を感じる建物です。個人的に残していきたい所なので、僅かながら千円ですが寄付して参りました。
うえの写真のところから外の写真を撮ってみました。雪深さが解りますね。 おう!帰ってきたか〜〜〜。
家に帰ってきたらいつもは無反応のうちのわんこが迎えてくれました。

2006/03/08

新潟世界の蘭展

に行って来ました。今までは安田アイランドでやっていたんですけどね。今年は記念なのか何ナノかしらんですけど、トキメッセでやっていました。ここに行った数日後、ここのスロープが壊れていたと言うニュースがありました。よく壊れますね。ここ。

まあ、会場に入るといきなりこんなにおっきいのが作ってありました。んでも、この胡蝶蘭の数。金掛かってんなあ。 んで反対側を見るとこんな感じ。熱帯の風景をデザインしたのかな?
まあ、正直言って蘭のことというか植物の事は知らんですよ。 んでもね。まあ、きれいなものを見ているって言うのか、少なくともこの植物を見ているとまたいいんですわ。
なんか、端に写っていますけどカメラの入れ物です。これがレンズのまん前に写っている写真があって残念でしたよ。 とは言え、こんな風にいい感じですよね。キレイだわ。デモね。
できれば、こういうお花とかは自然の中に咲いている物を見るというのが一番きれいなんですよね。確かに人間が手を加えてきれいになったものもあるけどさ。 ここに有る植物のようにこれだけ固まって咲いているというのもないだろうからね。確かに群集を作っているところとかもあるけどさ。身近だとサドにもあるし、確か角田山あたりにもあったような気がする。
あと、ここに写っているのって結局全部蘭なんだけどさ。これだけ同じ種類のお花でこれだけの見た目が違うものが多いっていうのはさ。結構古い時代において分化をしたっていう感じなのかな?っていう感じ。 蘭っていうのは原始的な種なのかも知れないね。これだけ多様化を見せているというのがその証明になると思うわ。

2006/02/19

十日町雪祭り

知り合いが誘ってくれましたので行ってまいりました。ちうか、ホンネ誘って貰うまで存在すら知らんかったわ。

この日はそんなわけでちょっと早めにわんこのお散歩。朝焼けがきれいなんで写してしまいました。 んで、いきなりですけど十日町に到着!会場のほうに向かってみました。んだら坂の途中にこんな雪像がありました。硬いのかな〜なんて思って触ってみたら結構軟かったです。
とまあ、あれですね。津南町も近いこの十日町という所の冬はこんな感じ。これでも少ない方ですね。ここに車での道なんて其れこそ4Mくらいあるところがずっと続いていましたよ。これぞ新潟の冬!!って、おいらも初めてに近いけどな〜〜〜。こんな雪はさ。 其の先に歩いていくと雪でできたお城が一つ。どうやらここでなにやらショーが催されていたようです。この日くる予定だったデブルユーの人たちがこない事になってしまっていました。
其の隣にあった雪像群。隣の小学校の人たちが作ったようです。なんか、女の子が仁王立ちですね。 うわ〜〜〜こういつぁ〜〜〜大変だあ〜〜〜誰かがこの家の中に閉じ込められている〜〜〜!!!救出せねばならんぜ〜〜〜!!!って、小屋なんだろうな。
こんな雪の像が十日町の町の中に作られていてそれを見て歩くだけでも楽しかったですよ。 なんか、こんなふうにお猿に関係した奴が多かったです。なんかそれに関係した伝承かなんかがあったんかな?
こんな風にお猿二発目!こっちはかわいいお猿です。 なんだとおもいます?この写真。なんとこれ川なんですよ。川。しかもかわはば15mくらいはあるところじゃないかな?そこが雪が捨てられてこんなになっているんですよ。雪の下を川が流れている状況って言うのかね?
まあ、実を言うとここまでかなり歩いたんですけどね。かなり歩きましたね。誘ってくれた娘も体力あるよな。って、ピーナッツ&スヌーピーというかチャーリーブラウンとですね。 んで、その次に行ったのはこのわんこの雪像のあるところ。や、狐じゃないんですよ!わんこですよ!わんこ!!わんこ大会を隣でもやっていたしね!かわいかったですよ。わんこたち。
んで、そのあと行った所は十日町の端の方。上のところも恥なんだけど、其の反対側の端だからスンゲーとおいの。 三好犬ってなによ?って思ったらこの雪像が有る所が御世支援っていう特老なのさ。流石に最終日だけあって顔面崩落していますね。
番号は1番になるんですけど、おいらたちが見たのは一番最後。でも一番緻密で凄くおおきい!!すごいですよ〜〜〜!!!や!マジで。近くに行ってみてみても凄いと思うくらいの緻密さ。スノウマンです。 こちらは銀河鉄道の夜って言う題名。こちらもすごい!ここのが一番見ごたえがありましたね。
って、まあ、かなりいいところ見ました!写真も撮ったんだけど出せるのはこのくらいかな?おいらの写真を取ってくれたんだけどちょっと見るに堪えない
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
って感じのが(笑)がうつっていたのでうぷは止めておきます。

曇天と雪